2016年8月5日金曜日

暑中お見舞い申しあげます

8/5()、近畿大学附属高等学校・中学校 校長 故 岡﨑忠秀先生のお別れの会が実施されました。先生の在りし日を偲び、生徒、学校関係者をはじめ、1,000名をはるかにこえる多くの方が参会されました。
7/14、私は出張先から聞いた突然の訃報に、ただただ愕然とするだけでした。いつも全力で生徒のために、学校のためにと、仕事に向き合われていたその誠実で一生懸命なお人柄と、最高の笑顔を忘れることはありません。そんな姿に、先生を慕う方も多かったはずです。先生の御意志をしっかりと受け継ぎ、高校・中学をはじめ、学園全体で前に進んでいきたいと思います。
心から先生のご冥福をお祈りいたします。


さて 話は変わり、来春の完成を目指し 急ピッチで進む、「超近大プロジェクト」の工事状況を拝見しました。岡崎先生も、完成は非常に楽しみにされていたことと思います。
大学事務部局は、一部を除き8/8()18()の期間、夏期休暇をいただきしばらくの間ご迷惑をおかけしますが、そんな中でも現場のみなさまには、炎天下の中作業を続けていただくとのこと、お身体にはくれぐれもお気をつけください。ご苦労おかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。
学生諸君についても、休暇中、怠惰な時間を過ごさぬよう有意義な時間を過ごしてください。
それではみなさま、暑さ厳しい折くれぐれもご自愛ください。

2016年8月4日木曜日

徳島県と就職に関する協定を結びました

本日8/4()、徳島県庁にて、飯泉知事ご出席のもと、徳島県との学生の就職支援に関する協定を締結しました。
今後も他県との連携も進め、地域経済を支える人材の育成に努めてまいります。

2016年7月26日火曜日

香川県と就職に関する協定を結びました


近畿地方では梅雨が空け一週間ほど経ち、夏本番を迎えようとしています。今夏は猛暑との予報をよく耳にします。暑さによる熱中症と、“ポケモンの熱中症”にはどうぞご注意ください。(大学のキャンパスでも“ポケモンプレイヤー”があふれかえっています)
さて、話は変わって本日7/26()、香川県庁にて、浜田知事ご出席のもと、香川県との学生の就職支援に関する協定を締結しました。
近畿大学の在籍学生は、近畿地方を除くと 中国・四国地方の学生が比較的多くを占めており、UIターン就職の促進など、各県と連携・協力をした就職活動支援を充実させたいと考えています。
今回はこの第一弾。香川県と締結をさせていただきましたが、今後 他県との連携も進め、地域経済を支える人材の育成に努めてまいります。
 

2016年7月8日金曜日

リオで再び近大旋風を!

 
7/7()、近畿大学東大阪キャンパスにて、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックに出場する、近畿大学にゆかりある選手たちへの壮行会を行いました。選手たちへのたくさんの激励、誠にありがとうございました。
アーチェリーでは、近畿大学職員・古川高晴 選手(経営学部H19卒)、ミキハウス・ 川中香緒里 選手(経営学部H26卒)、パラリンピック競泳では、近畿大学水上競技部・一ノ瀬メイ 選手(経営学部2年生)が出場します。
また、壮行会には全日本合宿のため参加できませんでしたが、競泳で、卒業生の入江陵介 選手(法学部H24卒)、山口美咲 選手(法学部H24卒)も出場します。
選手たちの活躍にぜひご期待ください。みなさまのご声援、どうぞよろしくお願いいたします。

2016年6月18日土曜日

医療における 創薬・薬剤師の役割

6/17()、毎年恒例、薬学部1年生対象の「薬学概論」にて、一コマ講義をさせていただきました。「医療における創薬・薬剤師の役割」と題し、話をさせていただき、学生諸君は熱心に耳を傾けてくれました。私の体験談が、少しでも今後の参考になれば嬉しく思います。

2016年6月16日木曜日

産業理工学部・九州短期大学 創立50周年記念式典

6/4()、近畿大学産業理工学部および近畿大学九州短期大学、創立50周年記念事業が執り行われました。
記念シンポジウムでは、台湾の虎尾科学大学、ベトナムのタイグェン大学、韓国の東西大学関係者をお招きし、 「アジアにおける急速な国際化にともなう教育・研究等大学間交流の推進」について活発な意見交換が行われました。
記念式典では、内閣副総理 財務大臣 衆議院議員の麻生太郎氏、近畿大学校友会名誉会長 内閣官房副長官 参議院議員の世耕弘成氏、福岡県知事の小川洋氏よりご祝辞を賜り、約800人に参列いただきました。
両校は、昭和41年(1966年)に福岡・飯塚の地に誕生し、産業理工学部は15,938人、九州短期大学は7,382人の卒業生を輩出。地域貢献を目的として研究・教育、人材育成を行ってきました。
福岡からの近畿大学の活躍にも目が離せません。